医師紹介・ご挨拶 愛川町の関根医院(内科、小児科、糖尿病内科、循環器内科、予防接種、健康診断)

046-286-5431

外来

平日 8:15-11:45 / 14:15-17:45
土曜 8:15-11:45

休診日

木曜・土曜午後・日曜・祝日

医師紹介・ご挨拶

 
  • TOP
  • 医師紹介・ご挨拶
   
 
 

院長紹介

院長 関根富佐夫 医学博士

  • 日本内科学会
  • 身体障害者指定医
    (心機能障害、呼吸機能障害)
  • 愛川町立田代小学校 元校医
  • 愛川町立菅原小学校 前校医
  • カミヤト凸凹保育園 園医
院長
略歴
1979年 昭和大学医学部 卒業
昭和大学病院第一内科
1981年 総合高津中央病院内科
1983年 昭和大学病院第一内科
1985年 昭和大学病院第一内科医局長
1989年 昭和大学病院第一内科
員外講師
医療法人社団 関根医院開業
実績の多い症例等
  • 関節リウマチなど膠原病疾患
ご挨拶

平成元年1月に出身地の愛川町で関根医院を開業し、 地域の皆様に育てていただきながらともに歩んでまいりました。

開業から30年を経て、幼児期から診ている患者様もそれぞれ自立され、3代にわたって通われるご家族もおられます。開業医として皆様の笑顔に接することは何よりの喜びを感じます。


この間、内科医として一貫して大切にしてきたことは「初心忘れるべからず」の銘のもと、まずはじっくりと「患者様のお話を聞く」ということでした。今の医学教育は臓器ごとに専門分化されていますが、症状の顕著な臓器を治療し、症状を軽快できれば十分というものではないと思います。患者様のお話の中に、検査数値や今のこの瞬間には目に見えてない病気の端緒が隠されていることもあります。また幼児期から大人になるまで診察させて頂き、初見ではわからない体の状態を理解できることもございます。時間をかけて患者様を知るということこそが地域に根付くということであり、健康を守るという「かかりつけ医」の使命であろうと感じております。


これからも若い医師2名の先進の技術や知見とともに、経験を糧にして地域の皆様の健康を支える一助になれればと考えております。
どうぞよろしくお願いいたします。

副院長紹介

副院長 岸原絵梨子

  • 日本内科学会総合内科専門医
  • 日本糖尿病学会認定糖尿病専門医
  • 日本内分泌学会
  • 身体障害者指定医
    (心機能障害、呼吸機能障害)
  • 難病指定医
  • 小児慢性特定疾病指定医
副院長
略歴
2007年 北里大学医学部 卒業
北里大学病院 初期臨床研修医
2009年 平塚共済病院
2010年 北里大学病院 内分泌代謝内科
2012年 北里大学メディカルセンター
内分泌代謝内科
2014年 北里大学病院 内分泌代謝内科
2015年
〜現在
医療法人社団 関根医院
勤務医時代に実績の多い症例等
  • 糖尿病(1型、2型、妊娠、二次性)
  • 甲状腺疾患
  • 内分泌疾患
ご挨拶

副院長の岸原絵梨子と申します。

愛川町で生まれ育ち、父であり、院長である関根富佐夫の背中を見て医師を志すようになりました。


私の専門は内分泌代謝内科です。聞きなれない言葉かと思いますが、糖尿病、高血圧、脂質異常症、肥満症、高尿酸血症、甲状腺疾患などを専門としております。


どなたでも年齢を重ねるとともに、どことなく不調を感じたり、健康診断の数値の悪化を認めることがあるかと思います。生活習慣病の多くは放置すると無症状のまま進行し、脳梗塞や狭心症、心筋梗塞などにつながるリスクもあります。

糖尿病や高血圧症、脂質異常症などは早くから食事や運動などの生活習慣の改善を行うことで、10年先、20年先の生活の質が随分と変わります。患者様お一人お一人に合った最善の治療を考え、皆様の健康で豊かな生活に貢献できるよう日々精進してまいります。


常勤医として日々の診察に当たっておりますので、ささいなご心配ごと、日常で感じながら相談できない違和感などございましたらぜひお聞かせください。また男性医師に相談しにくいお悩みなども、お気軽にご相談いただければと思います。


どうぞ宜しくお願い致します。

非常勤医師紹介

非常勤医師 岸原淳 医学博士

  • 日本内科学会総合内科専門医・指導医
  • 日本循環器学会循環器専門医
  • 日本不整脈心電学会認定不整脈専門医
  • 身体障害者指定医(心機能障害)
  • 難病指定医
非常勤医
略歴
2005年 北里大学医学部 卒業
北里大学病院 初期臨床研修医
2007年 静岡市立清水病院 循環器科
2008年 沼津市立病院 循環器内科
北里大学大学院医療系研究科
博士課程
2012年 北里大学メディカルセンター
2014年 北里大学医学部循環器内科学
助教
2017年
〜現在
医療法人社団 関根医院
非常勤医師
2020年
〜現在
北里大学医学部循環器内科学
診療講師
勤務医時代に実績の多い症例等
  • 不整脈疾患
  • 冠動脈疾患
  • 高血圧、脂質異常症
  • 大動脈疾患
  • 心臓弁膜症
ご挨拶

非常勤で循環器内科を担当する岸原淳と申します。

循環器内科とは心臓と血管の病気を診る内科です。現在(2021年4月)北里大学医学部循環器内科学の診療講師として、先端の医療技術と知識を若い医師や医学生に指導しながら、兼務で関根医院の外来を週2回担当させていただいております。


大学病院ではどうしても長い待ち時間をお願いしながら、じっくりとお話を聞かせていただく時間が取れないことに、忸怩たる思いを感じ続けてきました。そのため関根医院では、患者様とのコミュニケーションを大切にしながら、心臓に関する専門性の高い医療を提供したいと考えております。近年、心臓の治療はお薬のみならずカテーテルなどを使用した高度特殊医療が、患者様の明るい未来に大きな一翼をになっております。ライフスタイル改善に始まり、お薬による治療のみならず循環器病先端医療まで、幅広くお伝えさせて下さい。


長年日本人の3大死因のひとつが心疾患です。多くの人が加齢とともに心臓や血管の不調と付き合わねばなりません。これらの症状は、岸原絵梨子医師の専門とする内分泌代謝内科とも密接に結びついております。内分泌代謝内科と循環器内科の専門医資格を持つ二人が連携をとりあうことで、より早く、より正確に、鑑別、診断、治療へとつなげて参ります。


院長が築いてきた礎の上に、それぞれの専門分野を持つ医師3名という体制が地域の皆様へのより良い医療につながっていくことを願ってやみません。
どうぞ末永くよろしくお願いいたします。

主な研究、論文

関根富佐夫 院長

1 Antioxidant activity of synovial fluid, hyaluronic acid, and two subcomponents of hyaluronic acid. Synovial fluid scavenging effect is enhanced in rheumatoid arthritis patients. 
2 [Studies on the results of anti-toxoplasma enzyme-linked immunosorbent assay and false positive reactions in patients with progressive systemic sclerosis, rheumatoid arthritis and systemic lupus rythematosus]. 
3 [Suppression on normal human lymphocyte proliferation induced by Sepharose 4B binding taphylococcal protein A through addition of human IgG, heat-aggregated IgG, F(ab')2 gamma, Fab gamma and aggregated Fc gamma]. 
4 Follow-up study of lipid peroxides, superoxide dismutase and glutathione peroxidase in the synovial membrane, serum and liver of young and old mice with collagen-induced arthritis. 
5 [Effects of gold compounds on lymphocyte transformation and neutrophil chemotaxis--a comparison between sodium aurothiomalate and auranofin]. 
6 [Studies on collagenase activity in patients with rheumatoid arthritis--relationship of immune complex, IgG-rheumatoid factor and prostaglandin E2 level]. 
7 Inhibition of interleukin 2 by serum in healthy individuals and in patients with autoimmune disease. 
8 [Generation of human peripheral blood suppressor cell activity by auranofin]. 
9 Antibodies to interleukin 2 in sera of autoimmune-prone mice. 
10 [A case of allergic granulomatosis and angiitis complicated by multiple mononeuritis--studies on the vascular lesions in biopsied muscle tissues]. 
11 [A case of rheumatoid arthritis associated with leukocytopenia during D-penicillamine treatment]. 
12 Deficiency of interleukin 2 inhibitor activity in serum from autoimmune-prone mice. 

岸原淳 医師

1 Risk Factors of In-Hospital Lethal Arrhythmia Following Acute Myocardial Infarction in Patients Undergoing Primary Percutaneous Coronary Intervention - Insight From the J-MINUET Study -. 
2 Additional posteriorwall isolation is associated with gastric hypomotility in catheter ablation of atrial fibrillation. 
3 Energy Loss by Right Ventricular Pacing: Patients with versus without Hypertrophic Cardiomyopathy. 
4 Optimal interlesion distance in ablation index-guided pulmonary vein isolation for atrial fibrillation. 
5 Prediction of Lethal Arrhythmic Events Through Remote Monitoring Using Heart Rate Variability Analysis in Patients with an Implantable Cardioverter Defibrillator. 
6 Canagliflozin Suppresses Atrial Remodeling in a Canine Atrial Fibrillation Model. 
7 15. Day-to-Day Variation of Early Repolarization Pattern Predicts Life-Threatening Arrhythmias in Patients With Brugada Syndrome. 
8 16. Wearable Cardioverter Defibrillator - Initial Experience in the Outpatient Setting in Japan -. 
9 Real World Antithrombotic Therapy in Atrial Fibrillation Patients with a History of Percutaneous Coronary Intervention. 
10 Selective ablation of atrial ganglionated plexus as a therapeutic option for vasovagal syncope. Pacing Clin Electrophysiol. 
11 Improved hemodynamics following endovascular treatment for acquired aortic coarctation: A case report. 
12 Antiremodeling Effect of Xanthine Oxidase Inhibition in a Canine Model of Atrial Fibrillation. 
13 Steerable esophageal thermometer for atrial fibrillation ablation in a patient with esophageal achalasia: a case report. 
14 Linagliptin prevents atrial electrical and structural remodeling in a canine model of atrial fibrillation. 
15 Distinct variants affecting differential splicing of TGFBR1 exon 5 cause either Loeys-Dietz syndrome or multiple self-healing squamous epithelioma. 
16 QRS Score - Possibilities and Limitations. 
17 Safety of low-dose dabigatran in patients with atrial fibrillation and mild renal insufficiency. 
18 The J-wave as a Predictor of Life-threatening Arrhythmia in ICD patients. 
19 Novel Scoring System for Distinction Between Paroxysmal and Non-Paroxysmal Atrial Fibrillation. 
20 Cardiac troponin T as a predictor of cardiac death in patients with left ventricular dysfunction. 
21 Effect of carvedilol on atrial remodeling in canine model of atrial fibrillation. 
22 持続性心房細動患者における左房容積規定因子としての細動波周期長(FCL)の検討.
23 心房細動新規発症前後におけるP波の形態的変化の検討.
24 Precise Signals with a High-Density Grid Mapping Catheter Are Useful for an Entrainment Study. 
25 Coronary artery injury caused by leadless pacemaker implantation. 
26 Severe hypoperistalsis caused by a 3-minute single shot cryoballoon ablation for paroxysmal atrial fibrillation: A case report. 
27 Unique feature of novel activation mapping to identify the successful ablation site of atrial tachycardia. 
28 Steerable esophageal thermometer for atrial fibrillation ablation in a patient with esophageal achalasia: a case report. 
29 Use of idarucizumab for dabigatran reversal in cardiac tamponade during atrial fibrillation ablation: A case report. 
30 Coronary artery injury caused by leadless pacemaker implantation. 
31 Pacing failure caused by automatic pacing threshold adjustment system. 
32 An appropriate shock of the wearable cardioverter-defibrillator in an outpatient setting. 
33 詳細なエントレインメントマッピングにより心室中隔内のCritical isthmusが同定され、治療に成功した不整脈原性右室心筋症の一例.
著書
  1. 循環器の薬剤カタログ143 第3章抗不整脈薬 ハートナーシング2020年春季増刊(通巻444号)2020年4月20日発行
  2. 週刊日本医事新報 No.4915 7月1週号P52 ICDと運転免許:2017年9月からの変更点
  3. HEART nursing 2018秋季増刊P106-109 すごくわかる!心臓カテーテル 2章カテの適応疾患、合併症、薬剤について学ぼう 2合併症 5不整脈
  4. ICD Case Report 2018 Vol.1 薬剤による徐脈のため、経静脈ICD(TV-ICD)を植え込んだ症例
  5. 臨床検査 Vol60 No11 1331-1333、ST-T変化の読影に難渋する胸痛を来した1例

関根医院概要

院長 関根富佐夫 医学博士
副院長 岸原絵梨子
非常勤医師 岸原淳 医学博士
(北里大学循環器内科診療講師)
標榜科 内科 小児科 糖尿病内科 循環器内科
資格 総合内科専門医・指導医、糖尿病専門医、循環器専門医、不整脈専門医、身体障害者指定医、難病指定医、 小児慢性特定疾病病指定医
住所 神奈川県愛甲郡愛川町角田1343-1
電話 046-286-5431

診療時間

受付時間
8:15 ~11:45 関根
岸原(絵)
関根
岸原(絵)
岸原(淳)
関根
岸原(絵)
関根
岸原(絵)
関根
岸原(絵)
14:15 ~17:45 関根
岸原(絵)
関根
岸原(絵)
関根
岸原(絵)
関根
岸原(絵)
岸原(淳)

※循環器外来 火曜日午前、金曜日午後:担当 岸原(淳)
※休診日 木曜日、土曜日午後、日曜日、祝日

連携医療機関

produced by FARO